中医養生法

中医養生とは:

 

基本的自己調整、修復,未病を重視して「不治巳病、治未病」の治癒目的として います 

 

まだ病気ではない未病(なんとなく不調)の段階からその病気のを見つけ,その芽を摘ん病気にならないようにすることが最高医療の養生法の一つ。

 

毎日自分の体に合った食事を実戦して未病改善し、健康になるための身近で たしかな療法です。 

 

中国最古の医学書といわれる「皇帝内径」には、「穀は養をなし、蓄は益をなし、菜は充をなし、果は助をなす」 とあります。

 

病気の治療でも、薬物治療の前に穀、畜、菜、果など食物を撮ることを身体に養い、健康に維持するために必要条件です。

 

           四季養生法

夏養生法

 夏の3ケ月を蕃秀(ばんしゆう)という。草木が成長し、万物が茂り、花咲き乱れ、陽気が最高になる時期です。


この時期は「太陽が沈むと寝て、日の出と共に起きる。日中が長いが怠けてはいけない。適当に運動し、一日一回は発汗するように心がける」。気分的にも発散するような気持ちでいると良い。


陽気を発散しないでいると病気になる。夏は心臓に熱がこもり、心臓が悪くなりやすい時期です。陽気を発散しないと身体全体が熱く感じだし、冷房や冷飲を好むようになり、これを夏中続けると必ず下痢をします。


夏に陽気を発散しないと熱が胸にこもります。秋に肺が働く時期になるとこの熱が肺を乾燥させ痰が少ない乾いた咳をするようになります。


心(臓)は夏によく働く。夏になっても心が十分に働がないと胸脇部の病気が多くなる。夏でもあまり汗をかかない人や、夏でも冷える人や低血圧の人は夏に体調を崩し易くなります。心臓病が持病の人は特に夏を気を付けます。

 

 

 

一日お水飲み方

 【每日お水飲み正し時間代】

 

第一杯の水:6:30(排毒と腸掃除)。

 

第二杯の水:8:30(美顔と健康)。

 

第三杯の水:11:00(疲れ取りとリラックス)。

 

第四杯の水:12:50(減肥とストレス解消)。

 

第五杯の水:15:00(元気を回復させる)。

 

第六杯の水:17:30(消化と栄養の吸收)。

 

第七の杯水:22:00(解毒,排泄,消化增进血液循环)。

(お風呂入る前にお勧め) 

 

体内に溜まった老廃物を取り除く食品

 

1、体内廃気:
  

症状として、お腹が張る、カスが悪臭。
 
普段の腹痛や潰瘍、皮膚老化など症状を現れ、長時間に経つと癌になる可能性がある。
食品取り除き法: さつま芋など、乳酸菌がたくさん含まれる食品。

2、宿便:

毎日残便感、または三日以上不排便。
 
解決方法:植物繊維多く含まれる雑穀ご飯 、水、海藻類、りんご、ヨーグルト、オリコ糖含まれる食品

3、瘀血:

身体の痛み、手足の冷え、女性の生理痛、生理不順。
 
解決方法、しょうが、人参、杏仁、梅干し。

4、酒毒:

赤面、顔色白い、動悸、頭痛、目眩、嘔吐。
 
水、柿、貝類、アロエ、蛋白質多く含まれる食品

5、水毒:

むくみ、目眩、頻尿、
 

長時間の鼻炎.皮膚炎、関節痛、多汗また汗が出ない。
 

解決方法、ジャガイモ、キュウリ、スイカ、鯉魚など。
 
6:尿酸

足の親指の根部腫れ、痛み、喉が乾く、頻尿
 
原因は、長期の痛風、高尿酸血症、腎病、尿毒症なと。

食解決方法は、セロリ、トマト、鉱泉水、黒色食品など。

7:悪玉コレステロール

初期は、自覚症状がなくて、もし黄色の脂肪の塊があれば、もう重症になってます。
長期に放置と、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、胆石症など。
     
食品解決方法: 胡麻、録茶、乾燥椎茸、みかん類、また大豆、昆布、のり、オリブオイル。

8 内臓脂肪:

腹部肥満、心律快速、集中力がない、物忘れなど。
長時間を放置すると、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、肝硬変など。

解決方法は、ウーロン茶、コーヒー、隣脂、 辣椒素、
甲売質多く含まれる食品、韮菜(ニラ)など。

9、血液濃稠:

自覚症状がなくて、放置して、動脈硬化、脳梗塞になります。
解決方法は、納豆、鯖魚、ニンニク、銀杏、水など。

10、高血糖:

喉が以上に乾く、頻尿、多尿、多食、日々痩てくる。
長時間に放置すると、糖尿病合併症になり、糖尿病性腎病、糖尿病神経病変
解決食品:玉葱、粘れある野菜、お茶類、V-亜麻酸を含まる食品        
         
       

空腹に食べていけない物:


⑴  : 胃に結石できやすい。

⑵ バナナ: 血液の中のカルシュウムバランスを損傷

⑶ 牛乳、豆乳: 栄養吸収しない

⑷ じゃがいも: 心臓に負担

⑸ みかん: 胃の張る、ゲップ、酸水が出やすい

(6) 砂糖: 体内に酸と衛生物のバランスを損傷
 

相性悪い食べ物

人参と大根

一緒に食べると抗生物質を分解され、
血液敗けます。

 

胡瓜と落花生

腎機能低下され、または下痢になります。

 

バナナとさつまいも


胃の痛み、下痢、食物消化に低下させます。

 

 

豆腐とほうれん草


カルシウム吸収に影響またはお腹が張る。

 

コーヒーとお酒


大脳に損傷

 

牛乳とチョコレート


カルシウム吸収しない、髪の毛がかさかさにさせます

ビールと白酒


心臓に刺激されて、腎機能、肝機能低下します。

 

ビールと、蛤、シジミ、イタヤガイなど貝類と一緒に摂ると、腎機、胆嚢低下、石を溜まりやすくなり、痛風症になります。

 

 

豆乳と蜂蜜



下痢、耳鳴りになり、栄養素壊す。

 

 

 

大根とみかん、、柿、りんご、葡萄と一緒に摂ると


甲状腺腫れます。

他にもたくさんあります。

体質によって反応します、万一の備えますように食べ物の組み合わせ気を付けましょう。

 

1、人参と白いお酒(肝病と肝臓中毒)

2、大根ときくらげ(皮膚炎起こすまたは皮膚病者慎食)

3、人参とお酢(人参の栄養素壊す)

4、ビルよ肉汁、鍋汁(痛風起こしやすい、腎臓、胆のうに負担)

5、海老とトマト(食物中毒に注意)

6、お茶と卵、豆腐同食(消化不良、蛋白質とカルシュームの吸収に影響)

7、豆乳と蜂蜜同飲(下痢と耳鳴り起こす、栄養素壊す)

8、牛乳と葡萄、柿同食(吐き気、眩暈、下痢、お腹が張る症状が起こす)

9、柿と山芋、栗同食(便秘、老人慎食)

10、茄子トジャガイモトマト同食(関節病起こします)

11、豆腐とほうれん草同食(カルシュームの吸収に影響とお腹が張る)

 

 

東洋医学養生整体院

エキテンクチコミ体験談

院長のfacebook

養生整体院のアメブロ

  院長の中国QQ空間

    Twitter

http://user.qzone.qq.com/1085944148/main

ご案内

     (中国語会話 )